VIOラインの脱毛がNGなとき【注意点】

VIOラインの脱毛ができないときって?施術前後の注意点について

VIOライン脱毛をしたい場合には、いくつかの注意点があります。

まずは、脱毛部位をしっかり保湿しておくこと。

他の部位でもそうですが、肌が乾燥していると脱毛時に痛みを感じやすく、しかも光(フラッシュ)が反応しにくくなるというデメリットもあります。

それから、生理中はもちろん厳禁ですね。

念のため、もし予約当日に生理があたってしまうと分かった時にキャンセル料が発生するかどうかは確認しておきましょう。
普通は問題ないのですが、「前日・当日キャンセルの場合は1回分消化したことになる」などと決めている脱毛サロンもあります。

また、生理前後もなるべく避けましょう。

というのも、生理前後はホルモンバランスの変化によって肌が敏感になっているためです。

そして、妊娠中も脱毛はできません。

光(フラッシュ)自体が悪いわけではないのですが、痛みによるストレスはよくありません。もし、脱毛期間中に妊娠した場合は、休会・期間延長の措置をとってくれる脱毛サロンが多いので、相談してみましょう。

あとは、肌荒れをしている箇所は脱毛できません。

デリケートゾーンは特に肌が敏感な部分なので、きちんとケアしておくことが重要です。
光(フラッシュ)脱毛は黒いものに反応するので、色素沈着がある部分は避けて照射することになります。
色素沈着は適切なスキンケアによって改善されることもあるので、ある程度おさまってから脱毛すると良いですね。

最後に、脱毛前の自己処理についてですが、必ず電気シェーバーを使うようにしましょう。
カミソリでは肌を傷つけてしまうことがありますから、避けた方が無難です。
毛抜きの使用は厳禁ですよ。毛を抜いてしまうと光(フラッシュ)が反応しなくなってしまいます。
除毛クリームなら大丈夫ですが、除毛クリームの場合も肌荒れする人は多いので、普段から使っているのでなければ、避けたほうが良いでしょう。

VIO脱毛するならこのサロン!

管理者