VIOラインの施術範囲はサロンによって違う?

VIOラインは脱毛サロンによって施術範囲が異なる場合も!

VIOラインの脱毛をする時に必ず確認してほしいのが、脱毛範囲です。

VIOの範囲内全てが対象になっているとは限らないからです。
特に、Iライン・Oラインの粘膜部分のムダ毛は脱毛サロンでは避けて照射することが多いです。

Oラインの場合は、「肛門周り」と「ヒップ全体」の境目がどこなのか、ということも確認が必要です。
脱毛サロンによっては「ヒップ奥周り○cm」というふうにきっちり決まっているところもありますし、逆に、ヒップ奥周辺のムダ毛すべてを範囲に入れてくれる脱毛サロンもあります。
IラインとOラインの境目も確認しておいた方がいですね。

Iラインも、Iライン全体なのか、ショーツからはみ出す部分だけなのか、ということを確認しましょう。
Iラインの場合は、ムダ毛をすべてなくしてつるつるにしたいのか、つるつるは嫌だから全体的に薄くする程度にしたいのか、ということも、カウンセリングの時に伝えておきましょうね。

Vラインの場合は、脱毛サロンによってそれぞれ細かく分けているところも多いです。
「V上部」「Vサイド」「V全体」など、自分の理想のアンダーヘアの形を考えて選ぶと良いでしょう。
「ハイジニーナ」と呼ばれるような、アンダーヘアを全部なくすコースもありますし、ショーツからはみ出す部分だけを脱毛するコースもあります。
Vラインのアンダーヘアを全体的に薄くしたい場合は、1回~3回ほど、アンダーヘアすべてを剃ってしまって、全体に照射すると、毛深かったアンダーヘアを薄くすることもできますよ。
つるつるにしたい場合は何回も通う必要がありますが、全体に薄くするだけなら短期間で済むので手軽ですね。

同じ部位でも脱毛サロンによって範囲が変わってくるので、価格だけでなく、きちんと脱毛範囲を確認しておくことが大切なんですよ。

VIO脱毛するならこのサロン!

管理者