デリケートゾーンに見る美意識

デリケートゾーンだからこそ美意識が問われます!

デリケートゾーンであるアンダーヘアのお手入れは、海外ではエチケットとして当たり前になっているところもたくさんあります。

 

日本でも、昔に比べるとアンダーヘアのお手入れをする人は飛躍的に増えています。

 

それは、光(フラッシュ)脱毛などの、肌への負担が少ないケアが登場したことも大きいでしょう。
湿度が高い日本では、雑菌が繁殖しやすい環境であるため、カミソリや毛抜きでの自己処理では肌にダメージを与えて、そこに雑菌が入り込んで肌トラブルを引き起こしやすいのです。

 

また、美意識の問題でもあります。
わたしたち日本人の体毛は黒いですよね。
金髪の外国人と比べると、ムダ毛の目立ち方が違います。
アンダーヘアのお手入れが当たり前の外国人からすると、生えっぱなしの黒々とした日本人のアンダーヘアに、びっくりすることもあるそうですよ。

 

日本でも、いち早くデリケートゾーンの脱毛をするようになったのは、美意識の高い芸能人やモデルの人たちです。
また、看護師さんや女医さんなど、衛生観念の高い人も、早くからケアしている人が多いんです。

 

ただ、一昔前までは、脱毛サロンでの脱毛は、非常に高額なものでした。
ですから、美意識が高く、かつ、お金に余裕がある人ごく一部の人しかできなかったんですね。

 

それが、最近では脱毛はかなりリーズナブルにできるようになっています。
脱毛サロンの数が増えた分価格競争が起こり、Vラインや、VIOラインのセットでもキャンペーン価格で安く脱毛できる場合が多いですよね。

 

美意識の高い人は、見えない部分にこそ気を遣っているものです。
日本でも徐々に、アンダーヘアの脱毛はエチケットとして考えられるようになってきているので、脱毛するなら早めにしておきたいですね。
気持ち良くてビックリしますよ~

VIO脱毛するならこのサロン!

管理者