VIOの脱毛は恥ずかしいですよね。

VIOの脱毛が恥ずかしい?スタッフは仕事で見慣れていますから、心配ありませんよ

VIOラインの脱毛を躊躇してしまうのは、人にデリケートゾーンを見られるのが恥ずかしい、という場合が多いですね。

 

たしかに、普段人に見せることは無い部分ですから、恥ずかしいのも分かります。
しかし、ムダ毛がショーツや水着からはみ出ていたり、自己処理によって肌がブツブツになっていたり黒ずんでいたりする方が、恥ずかしくありませんか?

 

ムダ毛を処理していなかったり、自己処理によって肌が荒れていたりする状態を見るのは、友達や、彼氏、旦那さんなどですよね。

 

一方、VIOラインの脱毛の時にデリケートゾーンを見るのは、脱毛サロンのスタッフです。
言ってしまえば、「知らない人」です。
「旅の恥はかき捨て」なんていう言葉がありますが、脱毛に関しても同じで、脱毛が終わってしまえば、個人的に親しくならない限りは、もう会うことはない人です。

 

 

友達や彼氏(旦那さん)だと、自分を良く見せたいという思いもありますし、汚い肌やムダ毛が生えっぱなしの状態は見せたくないですよね。

 

それに、VIOラインの脱毛が恥ずかしいと思っている人が多いことは、脱毛サロンのスタッフも分かっています。
だから、「性器まわり」だとか「肛門まわり」みたいな直接的な言葉を使わず、「Iライン」「Oライン」といった言葉を使っているんですよ。
また、施術時も紙ショーツを着用するのが普通ですし、毛布やタオルをかけた状態で行われます。
照射する部分を少しずつめくりながら施術するので、思っているよりは恥ずかしくないはずですよ。

 

また、照射時には目を保護するために、サングラスをかけたりタオルをかけられたりするので、自分の世界に入ってしまえばすぐに終わります。
恥ずかしさを紛らわせるためにスタッフの方が会話してくれるサロンもありますし、逆に、変に話しかけずに淡々と施術してくれるスタッフもいます。カウンセリングで自分の希望を伝えておくと対応してくれますよ。

VIO脱毛するならこのサロン!

管理者