VIOラインの黒ずみやにおいと自己処理の関係

VIOラインの自己処理は黒ずみやにおいの原因です

VIOライン、アンダーヘアは、きちんとお手入れしていますか?

 

本来は体を守るためにあった体毛ですが、現代では下着もはきますし、服も着ているので体毛で守る必要は全然ないんですよね。
それどころか、下着の中でムレてしまい、不潔な状態になってしまっていることが少なくありません……。

 

ムレているということは、かぶれやすく、かゆみやにおいの原因にもなっています。

 

普段から、ショーツからはみ出る部分を剃ったり、また、ムレを防ぐために全体的に剃ったり除毛クリームを使っている人も多いと思います。

 

しかし、自己処理では、さまざまなトラブルを引き起こしていることが多いんです。
カミソリを使うと、皮膚にもダメージを与えてしまうため、肌トラブルにつながります。皮膚が薄くデリケートな部分などで刺激にも敏感です。
クリームも同様で、敏感肌でなくても、デリケートゾーンに除毛クリームを使うと、乾燥して荒れてしまうことも多いですよね。

 

もちろん、毛抜きによる自己処理も厳禁です。
毛抜きで抜くということは、皮膚を何度も何度も引っ張ってしまうことになるので、皮膚のたるみにもつながるんですよ。
それに、なによりも問題は「埋没毛」です。
抜いた部分からまた生えてくるときに、上手に毛穴からでることができずに、皮膚の下に体毛が埋もれてしまうのです。
見た目にも悪い埋没毛ですが、肌にも悪いんです。
毛穴の中で化膿してしまうことがあり、かゆみの原因にもなっているんですよ。

 

こうした自己処理を繰り返していると、常に肌トラブルと付き合っていかなければならず、とてもストレスになりますよね。
そして、色素沈着してしまって、肌が黒ずんでしまいます。
色素沈着がひどくなると、脱毛サロンでの照射も断られることになるので、自己処理は今すぐやめたほうが賢明です。

 

既に黒ずみがある人は、ビタミンC配合のローションでケアするなどして色素沈着を抑えてから、脱毛すると良いでしょう。
脱毛サロンで相談すれば、良いお手入れ方法も教えてもらえますよ。

VIO脱毛するならこのサロン!

管理者